hello ,world

地球上の#LoveSongsを#TBW

00s female INFORMATION recommend 和訳

Enya // Wild Child 【+ 和訳】

2020/04/01


LYRIC

"Wild Child"

Ever close your eyes
Ever stop and listen
Ever feel alive
And you've nothing missing
You don't need a reason
Let the day go on and on

Let the rain fall down
Everywhere around you
Give into it now
Let the day surround you
You don't need a reason
Let the rain go on and on

What a day
What a day to take to
What a way
What a way
To make it through
What a day
What a day to take to
A wild child

Only take the time
From the helter skelter
Every day you find
Everything's in kilter
You don't need a reason
Let the day go on and on

Every summer sun
Every winter evening
Every spring to come
Every autumn leaving
You don't need a reason
Let it all go on and on

What a day
What a day to take to
What a way
What a way
To make it through
What a day
What a day to take to
A wild child

What a day
what a day to take to
What a way
What a way
To make it through
What a day
What a day to take to
A wild child
What a day
What a day to take to
What a way
What a way
To make it through
What a day
What a day to take to
Da-da-da
Da-da-da-da-da-da
What a way
What a way
To make it through
Da-da-da
Da-da-da-da-da-da
Da-da-da
Da-da-da-da-da-da
What a way
What a way
To make it through
What a day
What a day to take to
A wild child
What a day
What a day to take to
A wild child

CONTENT( 和訳)

message

You don’t need a reason(理由などいらない)という歌詞があるように
降る雨は降るにまかせて
ただ目を閉じて  自分の周囲を構成する全てのものに感覚を集中してみたら、あるがままの姿の自分や自然に気がつき新しい日が始まる

wikipedia

エンヤアイルランド語: Eithne Pádraigín Ní Bhraonáin、英語: Enya Patricia Brennan、1961年5月17日[注 1] -)は、アイルランド歌手作曲家音楽プロデューサー音楽家。音楽一家に生まれ、アイルランド語圏のドニゴール州グウィドーで育つ。1980年、エンヤの兄姉ほか家族が結成したケルト音楽グループ「クラナド」に加わり、キーボードおよびコーラスを担当し、音楽家としてのキャリアを歩み始める。1982年、ソロ活動を追求するため、クラナドのマネージャーおよびプロデューサーを務めていたニッキー・ライアン英語版)と、後にエンヤの楽曲の作詞を手がけることになるローマ・ライアン英語版)夫妻とともにクラナドを脱退。それから4年の歳月をかけて、デジタル・マルチトラック・レコーダーを駆使したボーカルとキーボードの多重録音や、ニューエイジ、ケルト音楽、クラシック音楽、教会音楽、民俗音楽の要素を取り入れた、エンヤ独自のサウンドを作り上げていく。アイルランドの伝統的な文脈の上で、テクノロジーを活かした作曲を行う。レコーディングでは、さまざまな楽器を自身で演奏するマルチプレイヤーでもある。これまでに10の言語で歌っている。曲調は曲の断片を少し聞いただけでも彼女のものと判るほど特徴がある。クラシックと教会音楽を基礎に、故国アイルランドの音楽など、さまざまな要素を含有しており、ワルツ調の3拍子やその他変拍子の曲も見受けられる。メインボーカルやバックコーラスを彼女自身の声で幾度も(多いときはミステイク分も含めて一曲あたり200回ほど)録音し、重ねることでダイナミックかつ荘厳なサウンドを生み出すのが一番の特徴。そのエンヤ自身の声のコーラスと彼女自身が好む深いエコーが、終始一貫して広がりのある音を生む。テクノロジーを全面的に使用しているが、表現内容はアコースティック感を強く志向している。初期の作品はアナログ/デジタル双方のシンセサイザーを駆使し、神話の世界をモチーフにした歌詞と共に、他の何とも似ていない力強く重厚な世界観を特徴としていたが、アルバム「メモリー・オブ・トゥリーズ」を発表したあたりから、神話の世界にとらわれることなく作曲をするようになり、曲自体もシンセサイザーを使いながらも主役はアコースティック楽器(またはそれに近い音声)やピアノとなり、明るく柔らかな曲調のものが増えてきた。その上で、アルバムに収録される曲の中には、必ず落ち着いた曲調のピアノ独奏曲が入る。また、彼女の曲は「ビジブル」(情景が良く思い浮かばれる)と言われる。歌詞は基本的に英語であるが、曲により、ゲール語ラテン語で書かれている場合がある。5thアルバム『アマランタイン』では、さらに日本語、ローマ・ライアンとともに作った架空の言語、“Loxian”で書かれた曲が収録されている。   Eithne Pádraigín Ní Bhraonáin (anglicised as Enya Patricia Brennan (/ˈɛnjə/); born 17 May 1961), known professionally as Enya, is an Irish singer, songwriter, record producer and musician. Born into a musical family and raised in the Irish-speaking area of Gweedore in County Donegal, Enya began her music career when she joined her family's Celtic band Clannad in 1980 on keyboards and backing vocals. She left in 1982 with their manager and producer Nicky Ryan to pursue a solo career, with Ryan's wife Roma Ryan as her lyricist. Enya developed her sound over the following four years with multitracked vocals and keyboards with elements of new age, Celtic, classical, church, and folk music. She has sung in ten languages.Enya's first projects as a solo artist included soundtrack work for The Frog Prince (1984) and the 1987 BBC documentary series The Celts, which was released as her debut album, Enya (1987). She signed with Warner Music UK, which granted her artistic freedom and minimal interference from the label. The commercial and critical success of Watermark (1988) propelled her to worldwide fame, helped by the international top-10 hit single "Orinoco Flow". This was followed by the multi-million selling albums Shepherd Moons (1991), The Memory of Trees (1995) and A Day Without Rain (2000). Sales of the latter and its lead single, "Only Time", surged in the United States following its use in the media coverage of the 11 September attacks. Following Amarantine (2005) and And Winter Came... (2008), Enya took an extended break from music; she returned in 2012 and released Dark Sky Island (2015).Enya is known for her privacy. She is Ireland's bestselling solo artist and second-bestselling artist behind U2, with a discography that has sold 26.5 million certified albums in the United States and an estimated 75 million records worldwide, making her one of the best-selling music artists of all timeA Day Without Rain (2000) remains the bestselling new-age album, with an estimated 16 million copies sold worldwide. Enya has won awards including seven World Music Awards, four Grammy Awards for Best New Age Album, and an Ivor Novello Award. She was nominated for an Academy Award and a Golden Globe Award for "May It Be", written for The Lord of the Rings: The Fellowship of the Ring (2001).



-00s, female, INFORMATION, recommend, 和訳
-,